最近の保育士事情

バラ 送別シーズン迎え出荷最盛 愛知・一色町(毎日新聞)

 転勤や卒業などの送別シーズンを迎え、愛知県一色町の内藤バラ園(内藤完次代表)では、贈り物用などのバラの出荷作業に大忙しだ。

 6000平方メートルのハウスで34品種のバラを栽培。主に名古屋と東京の花市場に年間約45万本を出荷。イングリッシュローズ系の品種が人気という。問い合わせは同園(0563・73・5368)。【兵藤公治】

【関連ニュース】
掘り出しニュース:1週間以上水なしでも新鮮なバラ 下関で開発
世界で一つだけのバラ 命名権はあなた(2/2ページ)

個所付け問題で、鳩山首相が前原国交相を口答注意(産経新聞)
<地域主権戦略会議>推進一括法案など関連2法案を報告(毎日新聞)
未承認薬への対応「新薬開発を阻害するものではいけない」(医療介護CBニュース)
<上申書保険金殺人>元ブローカーの無期懲役確定へ(毎日新聞)
教員の罰則強化、議論は容認=輿石氏(時事通信)
[PR]
by d5gbu3vyjd | 2010-03-09 14:44
<< <阿久根市長>8職員に市民懇談... 日本船に侵入したSS抗議船長の... >>