最近の保育士事情

「死亡」ホームレス、警察の検視室でまばたき(読売新聞)

 さいたま市で10日、市消防局の救急救命士らが救急搬送に向かった際、生きているホームレスの男性(51)を死亡と誤認するミスがあった。

 同局の発表によると、同日午前9時40分頃、同市西区のゲートボール場で布団にくるまった男性の意識がなく、冷たくなっているとの110番が住民からあった。警察の連絡で現場に着いた隊長(52)と救急救命士(41)は、男性の体に硬直があり、顔が青白く、体も冷たいことから死亡と判断。現場にいた大宮西署員に引き渡した。

 同署員が遺体運搬用トラックで男性を運んだが、同署の検視室で男性がまばたきしているのに気づき、119番。駆けつけた別の救急隊員が生存を確認した。

 意識は正常で、呼吸や脈拍、体温に異状はなく、病院での検査で脳内出血が見つかったが、命に別条はないという。同局は「観察の基本を怠ったことが原因」とし、関係者の処分を検討中。

<中医協答申>病院勤務医を重視 4月実施(毎日新聞)
酒臭い男、警察に乗り付け「飲酒運転ダメだよね」(読売新聞)
通報だけで死亡と判断=救急隊、出動させず−沖縄・宮古島(時事通信)
聖地・しまなみ海道、「タンデム自転車」解禁へ(読売新聞)
アルツハイマー型認知症治療薬を承認申請―第一三共(医療介護CBニュース)
[PR]
by d5gbu3vyjd | 2010-02-16 10:35
<< 普天間、5月までに結論=米上院... <振り込め詐欺>現金引き出し、... >>